12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『唯川恵』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『唯川恵』の名言がわかる。
  2. 『唯川恵』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『唯川恵』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『唯川恵』のおすすめ本ランキング
    1. 唯川恵『啼かない鳥は空に溺れる』 が読みたくなる名言
      1. 意見の食い違いがあったっていいじゃない。
      2. 結婚なんて最初から完璧なわけないでしょう。
      3. 母が愛情と信じるものを、娘は束縛と捉える。
    2. 唯川恵『瑠璃でもなく、玻璃でもなく』 が読みたくなる名言
      1. それが結婚というものだ。
      2. 恋愛って、恋愛そのものより、
      3. 夫婦は恋人同士のように
      4. 女は負けの恋愛をしちゃいけないと思う。
      5. 情熱はいつか冷める。
      6. ワガママを言っているのはわかってる。
      7. 自分の中に、大きな秘密や、期待や、
      8. 仕事さえ続けていれば
      9. 結婚しても思うのよ、
      10. 勝手なものだなと思う。
    3. 唯川恵『別れの言葉を私から』 が読みたくなる名言
      1. あなたは自分に誇れる恋をしていますか。
      2. もし別れた彼を今でも愛しているとしたら、
      3. わたしは幸福だった。
      4. 十あるうち、九違っていても、
      5. 欲望というのは
      6. 恋は先着順じゃないでしょう。
      7. 自分はずっと彼を待ってあげている女なのだと思っていた。
      8. 未練とは、結局、恋の燃え残し。
    4. 唯川恵『雨心中』 が読みたくなる名言
      1. 生身の女の「無償の愛」ほど、
      2. 信じる、は、信じたい、と同義語だ。
      3. 信じた者からこっぴどく裏切られて来た。
      4. 道を踏み外す女には二通りある。
  2. 感謝と関連記事の紹介
スポンサーリンク

名言で紹介する『唯川恵』のおすすめ本ランキング

『唯川恵』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

唯川恵『啼かない鳥は空に溺れる』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥564(2024/03/04 14:41:49時点 Amazon調べ-詳細)

意見の食い違いがあったっていいじゃない。

⁡意見の食い違いがあったっていいじゃない。
違って当たり前なんだから。
大切なのは、お互いがどう歩み寄るかってことでしょう?

結婚なんて最初から完璧なわけないでしょう。

結婚なんて最初から完璧なわけないでしょう。
互いに足りないところがあって当たり前なの。
それをふたりで話し合ったり譲り合ったりしながら、
少しずつ夫婦になってゆくものなのよ。

母が愛情と信じるものを、娘は束縛と捉える。

母が愛情と信じるものを、娘は束縛と捉える。
娘が旅立ちと認識するものを、
母は見捨てられたと嘆く。
どちらが正しい、どちらが間違っている、
と、誰が決められるだろう。
答えは永遠にふたつだ。

唯川恵『瑠璃でもなく、玻璃でもなく』 が読みたくなる名言

それが結婚というものだ。

結婚は日常を積み重ねてゆくこと、
繰り返しでありきたりの生活に
それなりの価値を見出してゆくこと、
それが結婚というものだ。

恋愛って、恋愛そのものより、

恋愛って、恋愛そのものより、
その後に行き着くところが
本当は一番重要なんじゃないかって。

夫婦は恋人同士のように

夫婦は恋人同士のように
向き合っているわけではなく、
同じ方向を見ているということ。
それが嬉しくもあり、ほんの少し寂しくもある。

女は負けの恋愛をしちゃいけないと思う。

女は負けの恋愛をしちゃいけないと思う。
負けの恋愛をすると
なんでも我慢する癖がついちゃうの。
そういうのって卑屈になるだけよ。

情熱はいつか冷める。

情熱はいつか冷める。
今は「愛さえあれば」と思っていても、
少しずつ頭の中に損得計算が浮かんでくる。
周りの友人たちが結婚し、
子どもを産んでく姿を見れば尚更だ。
女は取り残されてゆくことを
いちばん恐れる生き物なのだ。

ワガママを言っているのはわかってる。

ワガママを言っているのはわかってる。
でも、女にはどうしても
「今」であって欲しい時というのがある。
そして、ささやかな不安を
ちゃんと解消して欲しいのだ。

自分の中に、大きな秘密や、期待や、

自分の中に、大きな秘密や、期待や、
人生の岐路があろうとも、
世の中はそれとは関係なく動いている。
今まで自分だけが
特別な恋の中で生きているような気がしていた。
でも、きっとすれ違う誰にも、
密かにドラマが展開されているに違いない。

仕事さえ続けていれば

今になると、結婚と同時によくあんなに簡単に
仕事を辞めちゃったなぁって思うわ。
仕事さえ続けていれば、
離婚しても経済的な苦労はしなくて済んだわけでしょう。
結婚したら一生安泰みたいに錯覚してたのね。
私、やっぱり子どもだった。

結婚しても思うのよ、

結婚しても思うのよ、
私の人生どうなるのかなって。
好きな男と結婚するだけで
人生って完結するわけじゃないのよね。

勝手なものだなと思う。

勝手なものだなと思う。
独身のころはあんなに結婚したかったのに、
結婚してみると、独身の頃を懐かしく思ってる。
人はいつだって、ないものねだりの生き物らしい。

スポンサーリンク

唯川恵『別れの言葉を私から』 が読みたくなる名言

created by Rinker
¥550(2024/03/04 08:42:27時点 Amazon調べ-詳細)

あなたは自分に誇れる恋をしていますか。

あなたは自分に誇れる恋をしていますか。
恋をまっとうにするのは美しい。
けれど、恋を捨てることも、
それと同じだけ美しい。

もし別れた彼を今でも愛しているとしたら、

もし別れた彼を今でも愛しているとしたら、
それはうまくいっていたころの彼、
あなたを愛していてくれたときの彼です。
そして、もうその彼はどこにもいないのです。

わたしは幸福だった。

わたしは幸福だった。
たとえ彼が結婚していても、
愛しているから幸福だった。
そして、たまらなく不幸だった。
同じ理由で不幸だった。

十あるうち、九違っていても、

十あるうち、九違っていても、
最後のもっとも大切なひとつが結び合っていればいい。
けれど、十のうち九が一緒でも、
その大切なひとつが合っていなければ、
いずれは破綻がやってくる。

欲望というのは

欲望というのは
生まれたときから存在しているけれど、

理性は訓練によって培われてゆくもの。
欲望に翻弄された後、
きっと自分なりの理性があなたを大人にしてくれる。

恋は先着順じゃないでしょう。

恋は先着順じゃないでしょう。
でも、結婚はやっぱり先着順なのよね。

自分はずっと彼を待ってあげている女なのだと思っていた。

はっきりと知った。
自分はずっと彼を待ってあげている女なのだと思っていた。
けれど、彼にとってはもう、
待たせても構わない女でしかないということを。

未練とは、結局、恋の燃え残し。

未練とは、結局、恋の燃え残し。
それがくすぶり続けて、
彼を諦められずにいるのです。

スポンサーリンク

唯川恵『雨心中』 が読みたくなる名言

生身の女の「無償の愛」ほど、

生身の女の「無償の愛」ほど、怖いものはない。
すべてをあげようと言いながら、
本当はすべてを欲しいと望んでいるのだ。

信じる、は、信じたい、と同義語だ。

信じる、は、信じたい、と同義語だ。
奴らは信じているのではなく、信じたいのだ。
その愚直さはまさに愚かさでもある。

信じた者からこっぴどく裏切られて来た。

信じた者からこっぴどく裏切られて来た。
だから彼らは惹かれ合った。
ふたりは持っているものではなく、
なくしたもので繫がっていた。

道を踏み外す女には二通りある。

道を踏み外す女には二通りある。
男に駄目にされる女と、男を駄目にする女。
あんたは、どっちが不幸だと思う?

感謝と関連記事の紹介

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント