小説の名言

冒険記『フラム号漂流記』の名言 フリッチョフ・ナンセン

2021/6/7    中央公論新社

この記事は、『フラム号漂流記』の名言を紹介します。 『フラム号漂流記』の名言 だが、この夢なくして、なんの人生だろうか おすすめ関連記事 最期まで読んでいただきありがとうございます。 次に読んでもらい ...

小説『不思議の国のアリス』の名言 ルイス・キャロル

2021/6/7  

ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の名言です。 ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の名言 「教えてくださいな。  私はここからどっちのほうへ歩いて行けばいいの?」 「それは、お前がどこに行きた ...

小説家『太宰治』の名言集「はばむ道徳を、押しのけられませんか?」

2021/6/7  

小説家『太宰治』の名言集です。 ヴィヨンの妻 おそろしいのはね、この世の中の、どこかに神がいる、 という事なんです。 如是我聞 民主主義の本質は、それは人によっていろいろに言えるだろうが、 私は、「人 ...

『怪盗アルセーヌ・ルパン』恋愛の名言 モーリス・ルブラン

2021/6/7  

モーリス・ルブラン『怪盗アルセーヌ・ルパン』の名言です。 『怪盗アルセーヌ・ルパン』恋愛の名言 女をよくいうひとは、女を充分知らないものであり、 女をいつも悪くいうひとは、女をまったく知らないものであ ...

西尾維新の小説〈物語〉シリーズの言葉遊び過剰な名言集 

2021/6/5  

西尾維新の小説〈物語〉シリーズの名言集です。 〈物語〉シリーズとは 「〈物語〉シリーズ」(モノガタリシリーズ)は、 『化物語』(バケモノガタリ)を始めとする 西尾維新による小説シリーズ。「化物語シリー ...

随筆『墨汁一滴』の名言「美しき花もその名を知らずして」正岡子規 

2021/6/3  

この記事は、正岡子規 『墨汁一滴』の名言を紹介します。 正岡子規 『墨汁一滴』あらすじ 明治時代の俳人・歌人・国語学研究家である正岡子規の随筆。 1901(明治34)年に「日本」に164回にわたり掲載 ...

小説『倒錯者の祈り』の名言「アルコール中毒の人間に」デヴィッド ウィルツ

2021/6/3    扶桑社

この記事は、デーヴィド・ウィルツの小説『倒錯者の祈り』の名言を紹介します。 小説『倒錯者の祈り』あらすじ 薄暗い家の居間で、薬を打たれ体を固定された男が、 ゆっくりと血を抜かれている。 帰宅した家の主 ...

小説『愛の砂漠』の名言「ばかな、味わってはならない」フランソワ・モーリアック

2021/6/2  

この記事は、フランソワ・モーリアックの小説 『愛の砂漠』の名言を紹介します。 小説『愛の砂漠』あらすじ 高名な医師クーレージュは、 町の有力者の愛人になっているマリア・クロスという未亡人に惹かれる。だ ...

小説『覇王信長伝』の名言「よく知りもしない男を誉め立てるような奴は」佐藤大輔

2021/5/28    佐藤大輔

この記事は、佐藤大輔 の小説『覇王信長伝』の名言を紹介します。 小説『覇王信長伝』の名言 「エリザベス一世陛下勅任海将サー・フランシス・ドレイクより    帝国艦隊司令長官殿へ。貴信了解。これより入港 ...

小説『妖怪アパートの幽雅な日常』の名言集「俺は俺だけでは成り立たない」香月日輪 

2021/5/28    講談社

香月日輪の小説『妖怪アパートの幽雅な日常』の名言です。 小説『妖怪アパートの幽雅な日常』のあらすじ 共同浴場は地下洞窟にこんこんと湧く温泉、 とてつもなく美味いご飯を作ってくれる手首だけの賄い「るり子 ...

© 2021 名言蒐集家凡夫の特記事項 Powered by AFFINGER5