小説の名言

角田光代『八日目の蟬』の名言集「死ななかった蟬がいたとしたら」

 

この記事は、角田光代『八日目の蟬』の名言を紹介します。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

角田光代『八日目の蟬』の名言集

私はもう何も生み出すことはできない。

空っぽのがらんどうという言葉だけは、
しかたないと受け入れる気持ちにはなれなかった。
でも、今考えれば本当のことだ。
私はもう何も生み出すことはできない。

もし、二手に分かれる道の真ん中に立たされて、

もし、二手に分かれる道の真ん中に立たされて、
どちらにいくかと神さまに訊かれたら、
私はきっと、幸も不幸も関係なく、罪も罰も関係なく、
その先に薫がいる道を躊躇なく選ぶだろう。
何度くりかえしてもそうするだろう。

もし、七日で死ぬって決まってるのに

もし、七日で死ぬって決まってるのに
死ななかった蟬がいたとしたら、

仲間はみんな死んじゃったのに
自分だけ生き残っちゃったとしたら、

そのほうがかなしいよね

八日目の蟬は

八日目の蟬は、ほかの蟬には見られなかったものを見られるんだから。
見たくないって思うかもしれないけど、
でも、ぎゅっと目を閉じてなくちゃいけないほどに
ひどいものばかりでもないと思うよ。

created by Rinker
¥617 (2022/05/18 01:41:20時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した本の名言もよければ読んでください。

 

 

関連Kindleセール情報

【50%OFF~】開催中のおすすめKindle本セール情報まとめ

Kindleセール情報を 見逃したことありませんか? この記事では、2022年5月18日時点で、 開催中のKindleセール情報を 1記事にまとめて紹介します。 この記事だけでKindleセール情報を ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-小説の名言
-中央公論新社, 映画化, 角田光代, サスペンス, 誘拐, 香川県