小説の名言

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』の名言7選

この記事を読むと

  • 『アヒルと鴨のコインロッカー』の
    名言がわかる。
  • 『アヒルと鴨のコインロッカー』の
    魅力がわかる。
  • 小説が読みたくなる。

1万以上の名言を集めた、
名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、伊坂幸太郎の小説
『アヒルと鴨のコインロッカー』の
魅力が伝わる名言を紹介します。

作品の魅力が伝わる
名言を紹介しているので、
あなたが読みたいと思える
作品が見つかります。

ネタバレがあるかもしれません。
ネタバレを気にしないという方は、
このままお読みください。

名言紹介屋ぼんぷ
紹介した名言が、
本を読むキッカケに
なりますように。

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』の名言集

created by Rinker
¥594 (2022/10/03 02:24:17時点 Amazon調べ-詳細)

腹を空かせて果物屋を襲う芸術家なら

腹を空かせて果物屋を襲う芸術家なら、
まだ恰好がつくだろうが、

僕はモデルガンを握って、
書店を見張っていた。

夜のせいか、頭が混乱しているせいか、
罪の意識はない。

ポジティブでないとやってられないよ

どうせ、いつかはみんな死ぬんだし、
ポジティブでないとやってられないよ

変人には二種類あるんだよね。

変人には二種類あるんだよね。
敬遠したいタイプと、
怖いもの見たさで
しばらく付き合ってみたいタイプ

それは傲慢だ

見えもしないことを、勝手に想像して、
行動するような真似はしない。
それは傲慢だ

生きるのを楽しむコツは二つだけ。

生きるのを楽しむコツは二つだけ。
クラクションを鳴らさないことと、
細かいことを気にしないこと

世の中の動物や人間が幸せになればいい

世の中の動物や人間が
幸せになればいいと思うのは当然だろ。

生まれ変わりの長い人生の中で、
たまたま出会ったんだ。

少しの間くらいは仲良くやろうじゃないか

夜は人を残酷にするし、

夜は人を残酷にするし、
正直にもするし、気障にもする。
軽率にするのよねえ

created by Rinker
¥2,000 (2022/10/02 20:17:16時点 Amazon調べ-詳細)

読書が苦手な人でも
本を読めるようになる


本は読まないけど
ラジオは聴いている
という人はAudibleがおすすめ

本屋大賞受賞作が無料で聴ける

Audible無料体験

※いつでも解約可能。退会後も聴けます。

小説のサブスク読み放題は
これがおすすめ!!

最初に結論。
次に各サービスの特徴を
ざっくりとわかりやすく書きました。

サブスクに加入する際に
参考になれば嬉しいです。

おすすめ小説サブスク

サブスク月額特徴とキャンペーン

Kindle Unlimited
980円200万冊が読み放題
掲載数最強サブスク
雑誌や写真集など
幅広いジャンルを網羅している。
30日間無料体験
BOOK☆WALKER836円文庫・ラノベが
1万冊以上が読み放題
KADOKAWAが運営する
電子書籍サービス
KADOKAWAといえばラノベなので、
ラノベ最強サブスク
30日間無料体験
コミックシーモア1,480円
780円
2つのコースがあり、
読み放題フルは
10万冊が読み放題
小説・ラノベは2,000冊
マンガはもちろん、
BLや女性向け作品が強い
マンガを中心に
色々読みたい人におすすめ
7日間無料体験

次に読んでほしい記事

【2022年】伊坂幸太郎おすすめ小説がわかる名言63選

この記事を読むと 『伊坂幸太郎』の 名言がわかる。 『伊坂幸太郎』の おすすめ作品がわかる。 読みたい小説が見つかる。 1万以上の名言を集めた、 名言紹介屋の凡夫です。 この記事は、 『伊坂幸太郎』の ...

名言紹介屋ぼんぷ
小説の名言一覧です。
あなたのための一冊が
見つかります。

 

【2022年版】おすすめ小説50冊がわかる名言集

この記事を読むと 名言紹介屋が選んだ 『おすすめ小説』がわかる。 『小説』の名言がわかる。 読みたい小説が見つかる。 1万以上の名言を集めた、 名言紹介屋の凡夫です。 この記事は、 『おすすめ小説』の ...

10月12日まで限定キャンペーン

  • 読書が苦手でも
    ラジオを聴くように本が読める
  • 満員電車でも運転していても
    Audibleなら読書ができる
  • 通常1か月の無料体験が
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

名言紹介屋ぼんぷ

30代の広く浅いタイプのオタクが、18,685コの名言を紹介します。ぼっちなので励ましてくれたのは名言だけでした。お互い頑張りましょう。

-小説の名言
-東京創元社, 伊坂幸太郎, 映画化, 2003