小説の名言 本の名言

石原慎太郎『ある漢の生涯 安藤昇伝』の名言

この記事は、石原慎太郎の小説『ある漢の生涯 安藤昇伝』
の名言を紹介します。

ネタバレになる台詞も含まれている場合があります。
ネタバレを気にしないという方は、
このままお読みください。

紹介した名言が、
新しい作品との出会いになることを願っています。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

石原慎太郎『ある漢の生涯 安藤昇伝』の名言集

created by Rinker
¥555 (2022/05/20 23:40:16時点 Amazon調べ-詳細)

生きにくいものにすればなおさらのことだ。

人間の本性はそう簡単に変わるものでありはしない。
ましてその時代が人間を
生きにくいものにすればなおさらのことだ。

人の世の隠れた原理への自覚だった。

それは人間の世の中のある部分では、
理屈ではなしに理屈からはみ出た暴力が
事を容易に左右するという、
人の世の隠れた原理への自覚だった。
そして俺はそれを選んだ。

あれは俺の生涯にとって大層な教訓だった。

あれは俺の生涯にとって大層な教訓だった。
暴力はこちらも死ぬ覚悟で使わなくては
本当の役には立たぬという
人生の真理の体得だった。

生きようとして叶わず、

生きようとして叶わず、
死のうとしても叶わず、
己の知らぬところで
運命は決まっていくものなのだなあ。

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した他の小説の名言もよければ読んでください。

 

 

石原慎太郎『ある漢の生涯 安藤昇伝』
関連Kindleセール情報

 

【50%OFF~】ライトノベルKindleセール情報まとめ

この記事は2022年5月12日時点で 確認した半額以下になっている ライトノベルKindleセール情報を まとめて紹介します。 これだけ読めば見逃さない! Kindleセール情報まとめ記事 注意事項: ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-小説の名言, 本の名言
-石原慎太郎