12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『葉室麟』の名言│おすすめ作品ランキングと名言集(津軽双花など)

スポンサーリンク
  1. 『葉室麟』の名言がわかる。
  2. 『葉室麟』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『葉室麟』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

名言で紹介する『葉室麟』のおすすめ本ランキング

『葉室麟』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

葉室麟『津軽双花』が読みたくなる名言

この世をよきものと信じればこそ

野に咲く花は、
この世をよきものと信じればこそ、
花開くのではありますまいか。
信じる心に咲くゆえに
花は美しいのであろうと思います。
それは女人も同じことでございましょう。

葉室麟『潮騒はるか』が読みたくなる名言

ことが明らかになるのは

ことが明らかになるのは
辛いことかもしれない。
しかし、真実と向かい合わずして
ひとは生きていくことができない。
そして真実はひとに
生きていく力と希望を与えるものだ。

葉室麟『墨龍賦』が読みたくなる名言

おのれを磨くとは

おのれを磨くとは
世間体のよい言葉ですが、
それは、おのれの中に何かが
あってのことではございませんか。
おのれに何もなければ、
磨いてもすり減るだけのこと。
仕舞いには何も無くなって
消え去りましょう。

葉室麟『草雲雀』が読みたくなる名言

大きな夢は破れやすい。

大きな夢は破れやすい。
それよりも目の前にある
小さなものを大切にすべきだ。

葉室麟『蒼天見ゆ』が読みたくなる名言

われらは何事もなしておらぬのに、

われらは何事もなしておらぬのに、
空は青々と美しい。
時に曇り、雷雨ともなるが、
いずれ青空が戻ってくる。
それを信じれば何があろうとも
悔いることはない。
いずれ、われらの頭上には
かくのごとき蒼天が広がるのだ。

葉室麟『影踏み鬼』が読みたくなる名言

created by Rinker
¥713 (2024/06/21 18:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

だから、わたしは思うんですよ。

だから、わたしは思うんですよ。
亡びないのはひとり、
ひとりの生き方だけだってね。

葉室麟『山桜記』が読みたくなる名言

ひとは思い通りに

ひとは思い通りに
何もかもできるわけではございません。
それでも進み続けなければなりませぬ。
それができる者を
信じるほかないと存じます。

葉室麟『緋の天空』が読みたくなる名言

誰しもが悪しきことをしようと思って、

誰しもが悪しきことをしようと思って、
この世に生を享(う)けるわけではない。
良きことをなさんと思いつつ、
運命に翻弄されて、互いに憎み合い、
戦うことにもなるのだ。

葉室麟『陽炎の門』が読みたくなる名言

すべてのひとは

すべてのひとは
永久に生きられはいたしません。
ですから、自らの命を
託す相手と出会えた者は、
それだけで幸せなのでは
ないでしょうか。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント