12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

『重松清』の名言│おすすめ小説29作品ランキングと名言集

スポンサーリンク
  1. 『重松清』の名言がわかる。
  2. 『重松清』のおすすめ作品がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、『重松清』のおすすめ作品と名言を紹介します。紹介する名言が、作品と出会うキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

  1. 名言で紹介する『重松清』のおすすめ本ランキング
    1. 重松清『ステップ』が読みたくなる名言
      1. 幸せとは、そういうものなのかもしれない。
      2. わが家には、とてもたいせつなものが欠けている。
      3. 子どもが夢を見て、なにが悪い?
      4. そのつながりが、ときどき重くなる。
      5. 少しずつ、子どもは大きくなる。
      6. ステップなんだよ。わかるか? 
      7. 僕たちの幸せは、お互いの悔いの上に成り立っている。
      8. 悲しみを胸に抱いたまま生きていくのは、
      9. でも、溶けて、消えても
      10. 一所懸命なひとがいる。
    2. 重松清『とんび』が読みたくなる名言
      1. おまえにはお母ちゃんがおらん代わりに、
      2. 雪が溶けたあとには、
      3. 幸せになりんさい。
      4. つらいことがあったら備後のことを思い出せや。
      5. 山あり谷ありの方が、
    3. 重松清『幼な子われらに生まれ』の名言
      1. 自分のいる世界を認める。
    4. 重松清『星のかけら』の名言
      1. 自分の心に
    5. 重松清『たんぽぽ団地』の名言
      1. 人生には
    6. 重松清『カシオペアの丘で』の名言
      1. 人間は前ばっかり
      2. 人間ってさ、人生を
      3. 結論を出すためでも、
      4. ゆるしたことって、
      5. ひとを一度も傷つけることなく、
    7. 重松清『なきむし姫』の名言
      1. 「がんばろう」が、
    8. 重松清『赤ヘル1975』の名言
      1. 年上が年下に負けることも、
    9. 重松清『この人たちについての14万字ちょっと』の名言
      1. 人の心はね、
    10. 重松清『一人っ子同盟』の名言
      1. 好きなものを訊かれて、
    11. 重松清『ゼツメツ少年』の名言
      1. 才能は、どこに
      2. つまんない決め方してない?
      3. 生きるっていうのは、
      4. 自分の生きている世界には、
    12. 重松清『ファミレス』の名言
      1. カネで買えるものじゃ意味がない。
      2. 「適当」は、もともとは
    13. 重松清『きみの友だち』 が読みたくなる名言
      1. 傘に入れるのは一人、せいぜい二人。
      2. わからないことに出会うと、
      3. わたしは、一緒にいなくても
      4. わたしは「みんな」って嫌いだから。
      5. だから、笑いたいときには、
      6. 両足が自由に動かせるひとたちは、
      7. ほんとうに悲しいのは、
    14. 重松清『峠うどん物語』の名言
      1. 早いうちから
      2. 答えがすぐに
    15. 重松清『空より高く』の名言
      1. 一所懸命に生きても
    16. 重松清『くちぶえ番長』の名言
      1. とにかく、いなくなったら
    17. 重松清『希望の地図』の名言
      1. たとえ曲がりくねった歩みでも、
    18. 重松清『みんなのなやみ2』の名言
      1. 人生はたくさんのわかれ道があり、
    19. 重松清『まゆみのマーチ』の名言
      1. ひとに迷惑をかけるんは、
    20. 重松清『おじいちゃんの大切な一日』の名言
      1. 作ることは、
    21. 重松清『あすなろ三三七拍子』の名言
      1. 人間には二つのタイプがある。
    22. 重松清『再会』の名言
      1. 間違えなくても、
    23. 重松清『かあちゃん』の名言
      1. 必要なのは、
    24. 重松清『青い鳥』の名言
      1. 先生には、
    25. 重松清『流星ワゴン』の名言
      1. 分かれ道は、たくさんあるんです。
      2. 調子の悪いときに
    26. 重松清『きよしこ』の名言
      1. 誰かになにかを伝えたいときは、
      2. 君が話したい相手の心の扉は、
    27. 重松清『トワイライト』の名言
      1. ドラえもんってさ、
    28. 重松清『疾走』の名言
      1. 仲間が欲しいのに
    29. 重松清『エイジ』の名言
      1. ぼくはいつも思う。
    30. 重松清『かぞえきれない星の、その次の星』の名言集
      1. 人間以外の生き物は嘘なんかつかない。
      2. みんな、自分はいま夜空を見てるんだ
      3. 星は、ほんとうにたくさんある。
      4. 今日会えなくても
      5. 誰かに会いたいと思っているとき、
スポンサーリンク

名言で紹介する『重松清』のおすすめ本ランキング

『重松清』のおすすめ本を上から順に紹介します。取り上げている名言を読めばどんな本なのかわかるので、購入する際の参考になれば嬉しいです。

重松清『ステップ』が読みたくなる名言

created by Rinker
¥678 (2024/07/19 00:32:14時点 Amazon調べ-詳細)

幸せとは、そういうものなのかもしれない。

ほんの一年前まではあたりまえすぎて
気にも留めなかったことが、

いまは、かけがえのないものだったのだとわかる。
気づいたときには、もう取り戻せない。
いや、もう取り戻せなくなったからこそ、
それがとても大切なものだったのだと気づく。
幸せとは、そういうものなのかもしれない。

わが家には、とてもたいせつなものが欠けている。

わが家には、とてもたいせつなものが欠けている。
だが、家族はまんまるでなければならないのか?

子どもが夢を見て、なにが悪い?

子どもが夢を見て、なにが悪い?
現実にはかなえられない夢であればあるほど
──僕はそれを守ってやりたい。

そのつながりが、ときどき重くなる。

そのつながりが、ときどき重くなる。
わずらわしいとは言わない。ただ、重いのだ。

少しずつ、子どもは大きくなる。

少しずつ、子どもは大きくなる。
おとなの世界を知りはじめる。
おとなの寂しさだって、ほんとうはもう、
僕がびっくりするぐらい
よくわかっているのかもしれない。

ステップなんだよ。わかるか? 

ステップなんだよ。わかるか? 
ただぼーっと突っ立ってるだけじゃ、
親子にはなれないんだよ。踏み出さなきゃ

僕たちの幸せは、お互いの悔いの上に成り立っている。

僕たちの幸せは、
お互いの悔いの上に成り立っている。

どんなに気持ちの整理をつけても、
それが消え去ることはない。

悲しみを胸に抱いたまま生きていくのは、

悲しみを胸に抱いたまま生きていくのは、
決して悲しいことではない。
そのひとがいないという寂しさを感じる瞬間は、
そのひとのいない寂しさすら
忘れてしまった瞬間よりも、

ほんとうは幸せなのかもしれない。

でも、溶けて、消えても

でも、溶けて、消えても、
雪ウサギがきれいだったなあって思ってくれれば

……ウサギさんは、うれしいんだよ

一所懸命なひとがいる。

一所懸命なひとがいる。
不器用なひとがいる。
のんびりしたほうがいいのは
わかっていても、
それができないタチのひとがいる。
いいじゃないか。
みんなとは違う。悪くないじゃないか。
がんばって、つい夢中になって、
みんなからはずれて、はぐれてしまう。
ときどき意地を張りすぎたり、
みんなのもとへ帰るタイミングを
逃したりする。
それでもいいじゃないか。

重松清『とんび』が読みたくなる名言

created by Rinker
¥614 (2024/07/19 20:09:58時点 Amazon調べ-詳細)

おまえにはお母ちゃんがおらん代わりに、

おまえにはお母ちゃんがおらん代わりに、
背中を温めてくれるものがぎょうさんおるんじゃ。

雪が溶けたあとには、

雪が溶けたあとには、
地面はぐじゃぐじゃになってしまう。
おまえは地面になったらいけん。
海じゃ。
なんぼ雪が降っても、それを黙って、
知らん顔して吞み込んでいく
海にならんといけん。

幸せになりんさい。

幸せになりんさい。
金持ちにならんでもええ、
偉い人にならんでもええ。
今日一日が幸せじゃった
と思えるような毎日を送りなさい。
明日が来るんを楽しみにできるような生き方をしんさい。
親が子どもに思うことはみんな同じじゃ。
それだけなんじゃ。

つらいことがあったら備後のことを思い出せや。

つらいことがあったら備後のことを思い出せや。
最後の最後に帰るところがあるんじゃ思うたら、
ちょっとは元気が出るじゃろう、
踏ん張れるじゃろうが。

山あり谷ありの方が、

山あり谷ありの方が、
人生の景色がきれいなんよ。

スポンサーリンク

重松清『幼な子われらに生まれ』の名言

created by Rinker
¥628 (2024/07/19 00:38:16時点 Amazon調べ-詳細)

自分のいる世界を認める。

私は、いま、
自分のいる世界を認める。
私はここにいて、
ここ以外にはいない。
世の中や人の一生は、
確かに…なんでもありなのだろう。
だとすれば、私は、
なんでもありの中から、
一番小さな幸せを夢見ていたい。

重松清『星のかけら』の名言

自分の心に

自分の心に
栄養を与えてくれるのは、
行動しかないってこと。

[st-mcbutton url=”//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3232857&pid=887952345″ title=”eBookJapanに登録する” rel=”” webicon=”” target=”” color=”#fff” bgcolor=”#43A047″ bgcolor_top=”#66BB6A” bordercolor=”#81C784″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontweight=”bold” fontsize=”110″ width=”95″ webicon_after=”st-svg-chevron-right” shadow=”#388E3C” ref=”on” mcbox_bg=”#f4fdf7″ mcbox_color=”” mcbox_title=”この本+5冊が半額で買える!!
6回使える50%OFFクーポン配布
” beacon=””]初回ログインの方限定。最大500円まで割引[/st-mcbutton]

重松清『たんぽぽ団地』の名言

人生には

人生には
「最高のとき」なんて
どこにもなくて、
「最高でないとき」だけが
延々とつづいて、
その起伏は
「ちょっと最高ではないとき」と
「すごく最高ではないとき」の差だけ
なんじゃないか、とも思う。

重松清『カシオペアの丘で』の名言

created by Rinker
¥100 (2024/07/19 20:10:00時点 Amazon調べ-詳細)

人間は前ばっかり

人間は前ばっかり
向いてるわけにはいかないんだよ。
下を向いたり
後ろを振り返ったりするのが
人間だと思うんだ。

人間ってさ、人生を

人間ってさ、人生を
やり直すことはできなくても、
楽しかった頃に
戻るぐらいはできるよ、絶対に。

結論を出すためでも、

結論を出すためでも、
相手を言い負かすためでもない、
ふわふわと漂うような言葉の
やり取りがなによりも
幸せなことなんだと、
いまは心から思う。

ゆるしたことって、

ゆるしたことって、
覚えてないでしょ。
ゆるさなかったことは、
やっぱり忘れないじゃないですか。
ひとをゆるすってことは、
忘れるってことなんだと思うんですよ。

ひとを一度も傷つけることなく、

ひとを一度も傷つけることなく、
誰かに一度も悲しい思いを
させることのない人生は、
この世にあるのだろうか。
わたしにはわからない。
誰からも傷つけられたことがなく、
悲しい思いを一度もしたこともない人生は
よかったね、とは思うけれど、
幸せだったね、と言えるのかどうか、
わからない。

重松清『なきむし姫』の名言

created by Rinker
¥2 (2024/07/19 11:25:22時点 Amazon調べ-詳細)

「がんばろう」が、

「がんばろう」が、
「がんばらなきゃいけない」
になってしまう。
「幸せになろう」が、
「幸せにならなきゃいけない」
になってしまう。

重松清『赤ヘル1975』の名言

created by Rinker
¥968 (2024/07/19 20:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

年上が年下に負けることも、

年上が年下に負けることも、
なんぼでもある。
後輩に負けて悔しかったら、
もっと練習すりゃええんよ。

重松清『この人たちについての14万字ちょっと』の名言

人の心はね、

人の心はね、
小さな心の集まりからできているの。
たくさんたくさんの
小さな心が集まって、
一人の人の心を作っている。
だから人が何か決める時は、
その小さな心が会議を開いて
相談したり議論したりして決める。

重松清『一人っ子同盟』の名言

好きなものを訊かれて、

好きなものを訊かれて、
ちゃんと答えられるうちは、
人間、みんな、だいじょうぶだ。

重松清『ゼツメツ少年』の名言

created by Rinker
¥825 (2024/07/19 06:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

才能は、どこに

才能は、どこに
眠っているかわからない。

つまんない決め方してない?

なんか、すごく
つまんない決め方してない?
ふつうとか、ヘンとか、
おかしいとか、
すごいとか、バカみたい。

生きるっていうのは、

生きるっていうのは、
なにかを信じていられる
っていうことなんだよ。

自分の生きている世界には、

体験とか思い出とか
って大げさなものじゃなくても、
自分の生きている世界には、
いろんな風景がある
ってことを感じてくれれば、
それでいいと思うんだよなあ。

重松清『ファミレス』の名言

created by Rinker
¥1,254 (2024/07/19 06:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

カネで買えるものじゃ意味がない。

カネで買えるものじゃ意味がない。
贈るものはモノじゃなくて
ココロなんだ。
正確にはココロの見えるモノ、
モノに託したココロ、
それをなるべく向こうの
負担にかからない形で贈るわけだ。
オリジナルなラブソングなんて
贈られてみろ。
惚れた腫れたの時期を過ぎたあとは、
呪いのカセットテープと
同じじゃないか。

「適当」は、もともとは

「適当」は、もともとは
「いいかげん」の意味じゃないんだ。
「ふさわしい」「ちょうどいい」を
「適当」っていうんだ。

重松清『きみの友だち』 が読みたくなる名言

傘に入れるのは一人、せいぜい二人。

傘に入れるのは一人、せいぜい二人。
友だちだから、と無理して
五人も傘に入れることはなかった。

わからないことに出会うと、

わからないことに出会うと、
不安で不安でしかたない。
このまま、どんどん、
わからないことばかりになってしまうのだろうか。
わからないことばかりでも、
おとなになれるのだろうか。
おとなはみんな、
わからないことなんてなにもないのだろうか。

わたしは、一緒にいなくても

わたしは、一緒にいなくても
寂しくない相手のこと、友だちって思うけど

わたしは「みんな」って嫌いだから。

わたしは
「みんな」って嫌いだから。
「みんな」が
「みんな」でいるうちは、
友だちじゃない、絶対に。

だから、笑いたいときには、

だから、笑いたいときには、
うつむけばいいわけ。
自分の影を相手にして、
かげふみしてればいいんだよ。
そのうちに息が苦しくなって、
顔を上げたくなるから

両足が自由に動かせるひとたちは、

両足が自由に動かせるひとたちは、
どうしてこんなに身勝手に、
乱暴に歩くのだろう。

ほんとうに悲しいのは、

ほんとうに悲しいのは、
悲しい思い出が残ることじゃないよ。
思い出がなにも残らないことが、
いちばん悲しいんだよ。
だから、わたしは、いま幸せだよ――。

重松清『峠うどん物語』の名言

早いうちから

早いうちから
実をつけるひともいれば、
おじいちゃんみたいに
時間のかかるひともいるの。
人間ってのはそういうものなの。
ひとそれぞれなんだから、
あせるな、
あきらめるな、ってね。

答えがすぐに

答えがすぐに
見つかるものなんて、
人生にはそんなに
たくさんないのよ。

重松清『空より高く』の名言

一所懸命に生きても

一所懸命に生きても
カッコ悪いことはあるし、
一所懸命になればなるほど、
どんどんカッコ悪く
なることだってある。
でもな、それでいいんだよ。

重松清『くちぶえ番長』の名言

created by Rinker
¥485 (2024/07/19 20:09:47時点 Amazon調べ-詳細)

とにかく、いなくなったら

とにかく、いなくなったら
悲しくて泣いちゃうぐらい
大好きな相手がいるってのは、
幸せなことなんだよ。

重松清『希望の地図』の名言

たとえ曲がりくねった歩みでも、

たとえ曲がりくねった歩みでも、
迷いどおしの足取りでも、
歩きつづけることに意味がある。
希望とは目的地ではなく、
歩くことそのものの中にあるのだ。
先は長い。休んでも、
歩くのをやめるわけにはいかない。
希望の大きなかたまりを一つ拾って
器が満杯になるなら話は早い。
でも、たった一つの希望でしか
満たされない世の中というのは、
なんだか怖くないだろうか?
小さな希望でいい。その代わり、
感動やよろこびや涙や微笑みなどに
姿を変えているはずの
希望のかけらを、たくさん。
さまざまな色や形のものを、こまめに。

重松清『みんなのなやみ2』の名言

created by Rinker
¥1,514 (2024/07/19 06:13:07時点 Amazon調べ-詳細)

人生はたくさんのわかれ道があり、

人生はたくさんのわかれ道があり、
Aを選んだら100%正解で、
Bならば間違い、
ということは絶対にない。
どちらを選んでも、
フィフティ・フィフティで正しかったり、
間違っていたりする。
犯罪なんかは別にしても、
「正しい」「間違い」ということを100%で
言い出すようになってしまったら、
ものすごく窮屈になる。

重松清『まゆみのマーチ』の名言

ひとに迷惑をかけるんは、

ひとに迷惑をかけるんは、
そげん悪いことですか?

重松清『おじいちゃんの大切な一日』の名言

created by Rinker
¥1,069 (2024/07/19 20:10:04時点 Amazon調べ-詳細)

作ることは、

作ることは、
なんでも楽しいんだ。
しかも、自分が作ったものが
みんなによろこんでもらえたら、
もっと楽しくならないか?

重松清『あすなろ三三七拍子』の名言

人間には二つのタイプがある。

人間には二つのタイプがある。
ひとのことを応援できる奴と、
できない奴の二種類です。
ひとのことを応援できない奴は、
ひとからも応援してもらえない。

重松清『再会』の名言

created by Rinker
新潮社
¥2,776 (2024/07/19 11:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

間違えなくても、

間違えなくても、
うまくいかないこととか、
どうにもならないことって、あるよ。

重松清『かあちゃん』の名言

created by Rinker
¥693 (2024/07/19 06:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

必要なのは、

必要なのは、
嘘をついた理由を考えることだよ。
嘘をついたことそのものを叱ってたら、
話はちっとも先に進まない。
逆に、どんどん嘘を上手くするだけだ。
そうなったら、ほんとうにヤバいんだぞ。
ばれる嘘をついてるうちなら、まだ間に合う。
嘘がばれなくなったら、
俺たちにはなにも見えなくなっちゃうんだから。

重松清『青い鳥』の名言

先生には、

先生には、
いろんな先生が
いたほうがいいんだ。
生徒にも、
いろんな生徒が
いるんだから。

重松清『流星ワゴン』の名言

分かれ道は、たくさんあるんです。

分かれ道は、たくさんあるんです。
でも、そのときにはなにも気づかない。
みんな、そうですよね。
気づかないまま、結果だけが、
不意に目の前に突きつけられるんです。

調子の悪いときに

調子の悪いときに
出るんが実力と違うんか?

重松清『きよしこ』の名言

誰かになにかを伝えたいときは、

誰かになにかを伝えたいときは、
そのひとに抱きついてから
話せばいいんだ。
抱きつくのが恥ずかしかったら、
手をつなぐだけでもいいから。

君が話したい相手の心の扉は、

君が話したい相手の心の扉は、
ときどき閉まっているかもしれない。
でも、鍵は掛かっていない。
鍵を掛けられた心なんて、
どこにもない。

重松清『トワイライト』の名言

ドラえもんってさ、

ドラえもんってさ、
未来のいろんな道具を
のび太に貸してやるだろ。
でも、その中に、
勇気の出てくる道具はないんだよ。
二十二世紀だか二十三世紀だか
知らないけど、
どんなにすごい未来でも、
勇気を持ってくるのはできないんだ。
勇気はいまの自分からしか
湧いてこないんだよ。

重松清『疾走』の名言

仲間が欲しいのに

仲間が欲しいのに
誰もいない「ひとり」が「孤立」。
「ひとり」でいるのが
寂しい「ひとり」が「孤独」。
誇りのある「ひとり」が「孤高」。
おまえは、まだ自分の「ひとり」が
三つのうちどれに当てはまるのか、
わからないでいる。

重松清『エイジ』の名言

created by Rinker
¥495 (2024/07/19 11:25:41時点 Amazon調べ-詳細)

ぼくはいつも思う。

ぼくはいつも思う。
「キレる」っていう言葉、
オトナが考えている意味は
違うんじゃないか。
我慢とか辛抱とか感情を抑えるとか、
そういうものがプツンと
キレるんじゃない。
自分と相手とのつながりが
わずらわしくなって
断ち切ってしまうことが、
「キレる」なんじゃないか。

重松清『かぞえきれない星の、その次の星』の名言集

人間以外の生き物は嘘なんかつかない。

人間以外の生き物は嘘なんかつかない。
この地球で、嘘をつきながら生きているのは
人間だけだ。

みんな、自分はいま夜空を見てるんだ

みんな、自分はいま夜空を見てるんだ
と思い込んでる。でも、違うんだ。
ほんとうは自分の心を見てるんだ。

星は、ほんとうにたくさんある。

星は、ほんとうにたくさんある。
かぞえきれないだろ。
きみはときどき、
かぞえきれないものを見たほうがいい。
自分は小さくて、世界は大きい。
それがよく分かる。

今日会えなくても

今日会えなくても、
明日、会えるかもしれない。

明日会えなくても、
あさって会えるかもしれない。

星はかぞえきれないんだ。
最後の一つまでかぞえきったと思っていても、
その次の星が、あるんだ。
それを希望っていうんじゃないのかな。

誰かに会いたいと思っているとき、

誰かに会いたいと思っているとき、
ほんとうはもう会えているのかもしれないな。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント