小説の名言

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の名言集「ほんとうにどんなつらいことでも」

この記事は、宮沢賢治の小説
『銀河鉄道の夜』の名言を紹介します。

これだけ読めば見逃さない!
Kindleセール情報まとめ記事

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』の名言集

僕はどうしてもっと愉快になれないだろう。

こんなしずかないいとこで
僕はどうしてもっと愉快になれないだろう。

どうしてこんなにひとりさびしいのだろう。

みんなの幸のためならば

カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、
どこまでもどこまでも一緒に行こう。
僕はもうあのさそりのようにほんとうに
みんなの幸のためならば
僕のからだなんか百ぺん灼いてもかまわない

ほんとうにどんなつらいことでも、

ほんとうにどんなつらいことでも、
それがただしいみちを進む中でのできごとなら、
峠の上りも下りも
みんなほんとうの幸福に近づく一あしずつです。

created by Rinker
¥416 (2022/05/18 02:40:50時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ関連記事

最期まで読んでいただきありがとうございます。
心に響いた言葉をきっかけに本を読んでくれたら、
こんなに嬉しいことはありません。 

蒐集した他の小説の名言もよければ読んでください。

 

 

関連Kindleセール情報

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-小説の名言
-宮沢賢治, 童話