12月19日のお買い得Kindleセール本
PR

柳美里『JR上野駅公園口』が読みたくなる名言集

スポンサーリンク
  1. 『JR上野駅公園口』の名言・名セリフがわかる。
  2. 『JR上野駅公園口』の魅力がわかる。
  3. 名言をキッカケに小説が読みたくなる。

2万以上の名言を集め、読みたい本が見つかる名言集ブログでお馴染みの、名言紹介屋の凡夫です。

この記事は、柳美里の小説
『JR上野駅公園口』が読みたくなる名言を紹介します。紹介する名言が、本を読むキッカケになれば嬉しいです。

ネタバレの可能性があります。
ネタバレを気にしないという方は、このままお読みください。

ぼんぷ
ぼんぷ

サイドバー下に目次があるのでご利用ください

スポンサーリンク

柳美里『JR上野駅公園口』が読みたくなる名言集・名台詞

created by Rinker
¥594 (2024/06/25 20:57:01時点 Amazon調べ-詳細)

今はいつも居た堪れず、

今はいつも居た堪れず、
未来はいつも恐ろしかったから、
気が付けばいつも、
過ぎてしまえばどこにも行かない
過去の時間に浸っていた。

驚きと悲しみと怒りが余りにも大きくて、

驚きと悲しみと怒りが余りにも大きくて、
泣くことなどでは釣り合わない気がした。

捨てることのできない過去の思い出は、

捨てることのできない過去の思い出は、
みんな箱にしまった。
箱に封印をしたのは、時だった。
時の封印の付いた箱を開けてはいけない。
開けたら、たちまち過去に転落してしまう。

他人の秘密を聞いた者は、

他人の秘密を聞いた者は、
自分の秘密を話さざるを得なくなる。
秘密は、隠し事とは限らない。
隠すほどの出来事ではなくても、
口を閉ざして語らなければ、
それは秘密となる。

ここに居ない人のことを、

ここに居ない人のことを、
ここに居る人に語るのは申し訳ない気がした。
居ない人の思い出の重みを、
語ることで軽くするのは嫌だった。

あんたには在る。

あんたには在る。
おれたちには無い。

在るひとに、無いひとの気持ちは解らないよ。

読んでいただきありがとうございました。このブログは、23,647コの名言を載せています。あなたが読みたい本が必ずあります。記事の最後尾にカテゴリー・タグ・紹介した作品の関連記事を載せておくので、お暇なときにお探しください。

心に残った名言をコメントTwitterInstagramのどれかで教えてくれると嬉しいです。

ぼんぷ
ぼんぷ

紹介した名言が本を読むキッカケになり、あなたの人生を変える1冊になりますように。

コメント